遺族年金 手続きの流れ

遺族年金 手続きの流れ
【びんぷう社労士事務所】https://binpusr.com/kenkyuu/

今回は、遺族年金の手続きについてお話いたします。

国民年金や厚生年金に入っていた方が亡くなった場合や、
すでに年金を貰っていた方が亡くなった場合、
どうすればいいのか。

まずは、
7日以内に市区町村役場へ死亡届の提出が必要になります。

次に、
国民年金に入っていた方の場合は、
市区町村の年金担当窓口へ。

厚生年金に入っていた方の場合は、
亡くなった方の勤務先へ連絡をしましょう。

年金制度から抜ける、資格喪失の手続きといいますが
この届出が必要です。

亡くなった方が年金を貰っていた場合は、
年金事務所で手続きとなります。
この時、前回お話をした「未支給年金」の請求も
併せてしましょう。

「ちょっと待って。そもそもどのような年金を貰えるかもわからない。」

身近の方に万が一のことがあった時にどのような
年金が貰えるか知っている人のほうが少ないと思います。

そのような場合は、お近くの年金事務所に相談してみましょう。

〇 自分自身の身分証明書
〇 亡くなった方の年金手帳
〇 亡くなったことを証明する書類(死亡診断書など)
〇 亡くなった方との関係を示す書類(戸籍謄本など)
〇 年金を貰っていた方なら年金証書

用意できるものを持参しましょう。

年金の名前で判断するなら、
国民年金の遺族基礎年金、寡婦年金、死亡一時金の請求は
市区町村の年金担当窓口へ、その他は年金事務所もしくは
年金相談センターとなっています。

ご参考になれば幸いです。



コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)