年金受け取り遅らせる上限 70歳以上に引き上げへ(18/01/17)

年金受け取り遅らせる上限 70歳以上に引き上げへ(18/01/17)
政府は、公的年金の受け取りを遅らせることで受取額を上乗せする制度について、遅らせる年齢の上限を70歳以上に引き上げる方針を固めました。 公的年金を巡っては、現在、受け取りの開始を65歳以降にすることで、1カ月あたりの受取額が0.7%増える仕組みになっています。
・・・記事の続き、その他のニュースはコチラから!
[テレ朝news] http://www.tv-asahi.co.jp/ann/



コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)