【繰り下げ】年金受給額を倍に増額可能な選択肢が、まもなく登場予定。

【繰り下げ】年金受給額を倍に増額可能な選択肢が、まもなく登場予定。
#繰り下げ
#年金
#受給

【ナレーションテキスト化】

もらえる年金が倍になるかも、というお話です。

日経電子版1月26日の記事によれば、

厚生労働省は公的年金の受給開始年齢を75歳まで繰り下げられるようにする検討に入ったと伝えています。毎月の年金額は65歳開始時に比べて2倍程度にする方針です。

公的年金には、支給開始の「繰り下げ」という制度があります。

1ヶ月支給開始を遅らせる、つまり「繰り下げする」たびに年金受給額は0.7%増えます。65歳の支給開始年齢を70歳まで繰り下げすると、月数が60月となりますので、0.7をかけて42%増となります。
ここまでは、現行法でも実行可能です。

このたびの厚労省案は、この最大延長を75歳まで延ばそうというものです。しかも、70歳以降については、0.7%を超えるプレミアムをつける意向です。仮に、0.7%が1%となれば、70歳以降の年金増額分が60%となります。70歳までの増加分と合わせると、100%を超え、倍以上となります。

倍増した年金額での支給は、死ぬまで続きます。

2020年に関連法改正案の国会提出を目指す。と言いますから、実際の改正までそんなに時間はかかりません。

75歳からとはいえ、受け取る年金額を倍に出来る選択が可能になります。

長生きリスクに備えるという老齢年金本来の趣旨から言えば、十分に検討の価値はありそうです。倍の年金がもらえるとなれば、現状、老後不安として挙げられることの多くは解決してしまう可能性があります。

ただ、公的年金がハタンすることを信じて疑わない場合には、検討すらムリということになるに違いありません。

今回は、以上です。

【ご意見・ご質問】

https://goo.gl/forms/eAtYlfttGiAfdAXX2

【チャンネル運営者プロフィール】
社会保険労務士、労務士会連合会公認年金マスター。開業以来の総年金相談件数のべ4000件超。公的年金を中心とした社会保障全般、ならびに高齢者雇用問題などが主な取扱テーマ。おもな著書として『年金問題要点を教えて』(ランダムハウス講談社)FPウーマンとの共著『年金があぶない』(毎日コミュニケーションズ新書)がある。記事掲載実績として、神戸新聞、朝日新聞、毎日新聞、日経新聞、保険毎日新聞、ジャパンタイムス、日経マネー300回記念号、マネージャパン、日経ビジネスアソシエ、月刊北海道などがある。



コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)