【経過的加算】厚生年金から支給され、対象者は限定される。わかりやすく解説。

【経過的加算】厚生年金から支給され、対象者は限定される。わかりやすく解説。
#経過的加算
#厚生年金
#いつまで

【ナレーションテキスト化】

今回は、経過的加算の説明になります。

経過的加算とは、60歳代前半と60歳代後半の年金額調整のことを言います。

公的年金は法律の取り決めとしては、65歳から厚生年金と基礎年金が支給されることになっています。

ただし、実際に65歳からの支給が始まるのは、男性で2025年からです(女性は5年遅れます)。2025年からは、原則として60代前半で1円の年金も、もらえません。

2025年までは、制度移行のための経過措置期間となります。

そこで、60歳代前半には特別支給の老齢厚生年金が支給されています。

特別支給の老齢厚生年金には、報酬比例部分と定額部分があります。
特別支給の老齢厚生年金は、65歳以降、報酬比例部分が本来の老齢厚生年金に定額部分が基礎年金として支給されます。

経過的加算とは、特別支給の老齢厚生年金の定額部分と基礎年金との差額を調整するために、厚生年金制度から加算される年金給付のことを言います。

差額発生の理由は、もともと別々の制度であった厚生年金と国民年金(基礎年金)を一緒にしたという経緯があります。2つの制度の細部の違いが、わずかな金額差として発生するわけです。

具体的に、経過的加算の対象となる厚生年金の被保険者期間は、
・昭和36年3月以前の期間
・20歳未満の期間
・60歳以後の期間
となります。

実際には60代前半に定額部分が支給されない、昭和24年4月2日以後生まれ(男性)の人も経過的加算の支給対象となります。

経過的加算の「経過的」という表現は、法律条文にある「当分の間」とある記載をふまえています。

(参照・厚生年金保険法の法附則、昭和60年、第59条②)

今回は、以上になります。

【ご意見・ご質問】

https://goo.gl/forms/eAtYlfttGiAfdAXX2

【チャンネル運営者プロフィール】
社会保険労務士、労務士会連合会公認年金マスター。開業以来の総年金相談件数のべ4000件超。公的年金を中心とした社会保障全般、ならびに高齢者雇用問題などが主な取扱テーマ。おもな著書として『年金問題要点を教えて』(ランダムハウス講談社)FPウーマンとの共著『年金があぶない』(毎日コミュニケーションズ新書)がある。記事掲載実績として、神戸新聞、朝日新聞、毎日新聞、日経新聞、保険毎日新聞、ジャパンタイムス、日経マネー300回記念号、マネージャパン、日経ビジネスアソシエ、月刊北海道などがある。



コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)