【特例免除制度】失業した時、国民年金保険料免除は本人の所得は除外して審査してもらえます。

【特例免除制度】失業した時、国民年金保険料免除は本人の所得は除外して審査してもらえます。
【Udemy講座】
「老後不安」のナゾを解く講座
https://www.udemy.com/beyondretirement/

【LINE@】
https://line.me/R/ti/p/%40btw2564z
【ナレーションテキスト化】

国民年金保険料の免除についてのお話です。

免除申請する年度またはその前年度に退職または失職した人は、特例免除制度を利用することが出来ます。

この免除制度では、通常は審査の対象となる本人の所得を除外して免除の審査が行われます。

失業中で国民年金保険料を納めるどころではないでしょうから、免除してあげますということです。

雇われて働いていたか、自分でやっていた事業を廃業するかで免除申請に必要な書類は異なります。

ただし、配偶者や世帯主に一定以上の所得があるときは免除が認められない場合があります。

免除申請をして認めらられると、その期間は年金を受給する場合に、保険料を半額納付したのと同じ扱いになります。こうなる理由は、基礎年金の支給の半分が税金で賄われているからです。

未納のままにしておくと1円にもなりません。

免除申請の手続は、のちのち、おカネに影響しますから面倒でもやっておかなければなりません。

今回は、以上になります。

【運営者プロフィール】
http://rougo-okane.net/page-50.html

【お問い合わせ】
http://rougo-okane.net/s36889058.html



コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)