【年金破綻】する・しないは「予測」の話。予測に頼らずとも、人為的に変更可能。そのワケは。。。

【年金破綻】する・しないは「予測」の話。予測に頼らずとも、人為的に変更可能。そのワケは。。。
#年金破綻
#嘘
#理由

【ナレーションテキスト化】

今回は、ありがちの質問にお答えします。

ありがちの質問とは、

年金はハタンするんですか?

です。

公的年金には、厚生年金と国民年金があります。

それぞれ、正式名称は

厚生年金保険法

国民年金法

と言います。

年金とは、保険であるとお話しました。

用語解説5番をご参照下さい。

国民年金法に、「保険」と入らないのは全く保険料を支払わないでも給付が受けられるケースがあるからです。基本的には保険です。

注目いただきたいのは、最後です。

それぞれ、「法」となっています。

年金は、保険であり法律です。

年金が金融商品でないことは、用語解説5番で説明しました。金融商品であれば、市場の動向しだいで運用状態が悪化して、ハタンということもありえます。

が、法律であれば仮にハタンが想定される場合には、法律を改正すれば対応できます。

現行の年金制度については、想定される事態に対して、すでに全ての法的対応は完了していると言えます。

ただし、ハタンしない公的年金制度の下での個人の生活もハタンしないか?というのは、別の話になります。

今回は、以上です。

【ご意見・ご質問】

https://goo.gl/forms/eAtYlfttGiAfdAXX2

【チャンネル運営者プロフィール】
社会保険労務士、労務士会連合会公認年金マスター。開業以来の総年金相談件数のべ4000件超。公的年金を中心とした社会保障全般、ならびに高齢者雇用問題などが主な取扱テーマ。おもな著書として『年金問題要点を教えて』(ランダムハウス講談社)FPウーマンとの共著『年金があぶない』(毎日コミュニケーションズ新書)がある。記事掲載実績として、神戸新聞、朝日新聞、毎日新聞、日経新聞、保険毎日新聞、ジャパンタイムス、日経マネー300回記念号、マネージャパン、日経ビジネスアソシエ、月刊北海道などがある。



コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)